気ままな映画レビューブログ
<< トランスフォーマー main ビー・ムービー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ドリームガールズ
1962年、デトロイトでスターを夢見る3人の少女、エフィー、ローレル、ディーナはドリーメッツという名でオーディションに出場する。彼女たちに目をつけたのは中古車販売の経営者カーティス。ショービス界へ入り込みたい彼は、全財産を使って、ドリーメッツを売ることに全力を注ぎ、彼女たちはデトロイトで大人気のジミー・アーリーのコーラスガールになる。
彼らは全米で大成功をおさめ、そしてコーラスガールは独立。"ザ・ドリームス"としてデビューすることに。しかし、カーティスは彼女たちに告げる。リードボーカルは圧倒的な歌唱力を誇るエフィーではなく、美人のディーナだと。エフィーは渋々受け入れるが…。


この時代の音楽、大好き!黒人の人たちの歌唱力は、他の誰とも比べようがないくらい素晴らしい。なんであんな歌い方ができるんだろう?エフィー役のジェニファー・ハドソンの歌声には圧倒された。感動モノだ。
世の中にあるのは、きらびやかな表舞台だけじゃない。悔しくて、努力して、慰めあって、くじけそうになって、でも自分を信じて成功した彼女たちの輝き。4人とも同じ。その姿に胸を打たれ、歌声に泣かされる。ミュージカルってやっぱり最高!
ビヨンセの歌って全然聴いたことなかったんだけど、初めてこれを観て知った。美人だし、なによりも歌がめちゃくちゃ上手い。ちょっと興味もったかも。

ノリノリのディスコナンバー、しっとり聴かせるバラード、どれもこれも満足いくものばかり!サントラ欲しいな、これ。
極上のエンターテイメント!
タ行 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
comment
comment









この記事のトラックバックURL
http://mycinema.jugem.jp/trackback/30
trackback
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Categories
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Sponsored Links