気ままな映画レビューブログ
<< 奇跡のシンフォニー main ハッピーフィート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
007 カジノ・ロワイヤル
暗殺の仕事を2度成功させたジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は"00(ダブルオー)"の地位に昇格し、最初の任務で、世界中のテロリストの資金源となっている"死の商人"ル・シッフル(マッツ・ミケルセン)の存在を突き止める。高額掛金のポーカーで資金を稼ごうとするル・シッフルと勝負するため、ボンドは現地へ向かうのだった。
しかし、そんな彼のもとには、財務省からお目付役として美女ヴェスパー・リンド(エヴァ・グリーン)が送り込まれる。最初は彼女に対して懐疑的だったボンドだが、危険を共にする中で次第に心惹かれていく…。


ジェ、ジェームズ・ボンド超絶かっこええ。というか、ダニエル・クレイグがかっこええ!!ライラのアスリエル卿もカッコよかったけど、傷だらけになりながら任務をこなす彼の姿には、思わず目を奪われたよ。やばいっす。
私は今までの007を観たことがないから、ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドは先代たちとは違うってこともわかんない。だからこそそういう先入観ナシに観れたわけで、それがよかったのかも。

エヴァ・グリーンも相変わらずお綺麗なことで…惚れ惚れ。しかもヴェスパー役がいい。
いつもは強気で知的な彼女が弱ってるところを見つけて、それに寄り添うボンドのシーンには温かみを感じた。こういう人間味溢れるシーンがあるからこそ、この作品はより引き立つ。ボンドの仕事はただひたすら冷徹だからね。うーん、切ない…あの最後はほんと、悲しかった。
でも、ラストシーンのボンド、死ぬほどカッコよかった!!(笑)今の彼になら撃たれてもいいとか一瞬思った私は、きっと病んでいるに違いない。(…)

敵との攻防もよかったな!いい感じにハラハラドキドキ。簡単に敵がやられちゃわないところが、悔しくも話を盛り上げてて。互いに押したり退いたり、いつやられるかの真剣勝負。
私ポーカーのルール知らないから ちょっとアレだけど、まぁそんなのは関係ないよね!あれが噂のポーカーフェイス…この緊迫感、息が止まるんじゃないかってくらい(笑)

とにかく面白かった!いつか、時間のあるときに今までの007も観てみようかな。ダニエル・クレイグとどう違うのかも気になるし…(笑)
サ行 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
comment
comment









この記事のトラックバックURL
http://mycinema.jugem.jp/trackback/24
trackback
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Categories
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Sponsored Links