気ままな映画レビューブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
シンドラーのリスト
ナチによるユダヤ虐殺をまのあたりにしたドイツ人実業家オスカー・シンドラーは、秘かにユダヤ人の救済を決心する。彼は労働力の確保という名目で、多くのユダヤ人を安全な収容所に移動させていくのだが……。
スピルバーグが長年あたためていたT・キニーリーの原作を遂に映画化。念願のアカデミー賞(作品・監督・脚色・撮影・編集・美術・作曲)に輝いた作品。


ようやく観ることができました。シンドラーのリスト。
DVDを手に取ったとき、その長さに驚きました…3時間を超える長編。しかもモノクロ。私は今までモノクロ映画を観たことがなかったので、ちょっと不安を抱いてもいたんですが、そんな心配はまったく必要なかったということがすぐにわかりました。
モノクロにしたことで、過去らしさを出すというだけでなく、あたかも自分がそこにいてこの惨劇を見ているかのような気分になります。暗くて、常にどす黒い煙が立ち込めていて、そこら中に死体が転がっていて…、そんな情景です。絶望と混乱、死しか存在しないような…。
映画の中にものすごく入り込めるので、時間が過ぎるのもあっという間でした。

私はこのホロコーストについて、せいぜい「アンネの日記」で知った程度の知識しかありませんでした(「ライフ・イズ・ビューティフル」は観ましたが、あれはまた違った見方をする作品だと私は思っているので)。たまに学校や本やテレビなどで話を聞いたりするときも、それで知っているつもりになっていたんです。でも、この映画を観て、私のその浅い考えは間違っているということに気がつかされました。
ナチスによるホロコーストが、こんなにもひどい出来事だったなんて。
この映画はどこまでもリアルにすべてを描写しています。まるで楽しむかのようにユダヤ人を射殺していくドイツ人たち…あっけなく命が消えていきます。その虐殺の様子が、悲しげな音楽とともに、ひたすら淡々と描かれていくのです。どうしてこんな簡単に人を殺せるんだ、殺す必要なんてないのに。彼らは何も悪くないし、何もしていないのに。なんで?どうして?…ショックでした。ただ、ショックでした。悲しくて、かわいそうで、胸がギリギリと痛みました。

戦争のことを知らない人に観てほしい作品です。過去のことだから、今さら何を言っても考えても仕方ないかもしれませんが、私たちには、これを観て過去を知り、感じ、きちんと考えを持つ責任があると思います。
観終わったあとは本当に重苦しくて、決して後味のよい作品ではないですが、私は観てよかったと思うし、もっと早くに観ておけばよかったとも思いました。人生観が変わった気すらします。

この偉大なオスカー・シンドラーという人物を見事に演じてみせたリーアムさん…本当に素晴らしい俳優さんですね。改めてそう感じました。


↓追記、ネタバレ
続きを読む >>
サ行 comments(3) trackbacks(0)
ジャンパー
母が家を出て、父親と2人暮らしの少年デヴィッド(ヘイデン・クリステンセン)は、ある日、自分が空間をジャンプするテレポート能力を持つ"ジャンパー"であることを知る。その能力を活かし、世界中を飛び回って気ままな生活を送っていたデヴィッドだったが、やがてジャンパー抹殺を使命とする組織パラディンにマークされるようになり、また、彼と同じ能力を持つ青年と出会う。


ヘイデン・クリステンセンはスター・ウォーズでしか観たことなかったから、なんかちょっと新鮮。でも、役柄的にはおんなじ感じなのかな?自分に与えられた力をよくない方向に利用したり、それに絡んだ様々な葛藤があったり。そういう演技がすごい上手い人だなーと思う。
個人的に、スター・ウォーズのメイス・ウィンドウ役が敵で、それにアナキン役のヘイデンが立ち向かうっていうのがウケた(笑)ジェダイ同士で争いですか?(笑)まぁ観てれば関係ないけどね。
ジェイミー・ベルってどっかで聞いたことあるような気がするんだけど、グリフィンかっこよかったなー。中途半端に終わっちゃったのがもったいない…。

あとレイチェルがやっばいかわいい!OCのサマーもめちゃかわいいけど、大人っぽくなった彼女…あのかわいさは…(笑)ヘイデンと付き合ってるんだよ、ね?
子役の子もかっわいかったなー。あれ、テラビシア〜とかチョコレート工場に出てた子なんだってね!かわいすぎて気がつかなかった!(笑)

さて、肝心のストーリーですが。
ジャンパー、いいね!私もジャンプしてみたい。便利!ジャンプするときの映像がすごいリアルでよかった。CG技術を駆使してるよね。
ジャンプを利用したアクションも、世界各国を飛び回りながらってのはなかなかないし、大迫力!東京でロケがあったなんて聞いてないよ、でもすごく近くをヘイデンたちが歩いてたんだと思うと嬉しい(笑)そんなわけで、アクションはよかったです。

ストーリー的にはなんかちょっと勢い任せ感は否めないかなー、でも面白かったよ!
一応三部作らしいので、続編に期待することにします!!
サ行 comments(0) trackbacks(0)
007 カジノ・ロワイヤル
暗殺の仕事を2度成功させたジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は"00(ダブルオー)"の地位に昇格し、最初の任務で、世界中のテロリストの資金源となっている"死の商人"ル・シッフル(マッツ・ミケルセン)の存在を突き止める。高額掛金のポーカーで資金を稼ごうとするル・シッフルと勝負するため、ボンドは現地へ向かうのだった。
しかし、そんな彼のもとには、財務省からお目付役として美女ヴェスパー・リンド(エヴァ・グリーン)が送り込まれる。最初は彼女に対して懐疑的だったボンドだが、危険を共にする中で次第に心惹かれていく…。


ジェ、ジェームズ・ボンド超絶かっこええ。というか、ダニエル・クレイグがかっこええ!!ライラのアスリエル卿もカッコよかったけど、傷だらけになりながら任務をこなす彼の姿には、思わず目を奪われたよ。やばいっす。
私は今までの007を観たことがないから、ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドは先代たちとは違うってこともわかんない。だからこそそういう先入観ナシに観れたわけで、それがよかったのかも。

エヴァ・グリーンも相変わらずお綺麗なことで…惚れ惚れ。しかもヴェスパー役がいい。
いつもは強気で知的な彼女が弱ってるところを見つけて、それに寄り添うボンドのシーンには温かみを感じた。こういう人間味溢れるシーンがあるからこそ、この作品はより引き立つ。ボンドの仕事はただひたすら冷徹だからね。うーん、切ない…あの最後はほんと、悲しかった。
でも、ラストシーンのボンド、死ぬほどカッコよかった!!(笑)今の彼になら撃たれてもいいとか一瞬思った私は、きっと病んでいるに違いない。(…)

敵との攻防もよかったな!いい感じにハラハラドキドキ。簡単に敵がやられちゃわないところが、悔しくも話を盛り上げてて。互いに押したり退いたり、いつやられるかの真剣勝負。
私ポーカーのルール知らないから ちょっとアレだけど、まぁそんなのは関係ないよね!あれが噂のポーカーフェイス…この緊迫感、息が止まるんじゃないかってくらい(笑)

とにかく面白かった!いつか、時間のあるときに今までの007も観てみようかな。ダニエル・クレイグとどう違うのかも気になるし…(笑)
サ行 comments(0) trackbacks(0)
スパイダーウィックの謎
★★★★★
フレディ・ハイモア、サラ・ボルジャー、メアリー・ルイーズ・パーカー

双子の兄弟ジャレッド&サイモン、姉のマロリーは母のヘレンに連れられ、朽ち果てた屋敷にやってくる。両親の仲違いから、母親と子供たちは大昔に行方不明になった大伯父スパイダーウィックの屋敷で、新生活を始めることになったのだ。
この家にやってきた直後、壁の裏に何かがいる気配を感じたジャレッドは、さっそく屋敷を探検。屋根裏部屋で「決して読んではいけない」と警告のメモが張られた本を見つけ、思わずページをめくってしまう…。


フレディ・ハイモア主演のファンタジー!「アーサーとミニモイ〜」以来のフレディだったけど、彼ももう16歳だそうで、すっかり大人っぽくなってました。私の中ではいまだに「ネバーランド」と「チャーリーと〜」の間くらいなイメージだったんだけどなー(笑)
今回彼は兄弟を1人で演じる1人2役。両方フレディだ、って観てれば思うけど、合成の技術云々より前に、ここまで役を演じわけられるその演技力の高さには脱帽です。

妖精たちがすごくリアル。一般的に言われてるようなキレイでかわいらしいものもいれば、お世辞にもかわいいとはいえないようなもの、悪として存在するゴブリンたちまで、想像上の世界をこの目で見ることができる。
ストーリーはすごく明確だし、誰でも楽しめるようなわかりやすい内容で、ラストまでワクワクさせられながら、すっきりと後味のいいラストでした。
妖精の書を軸にしたファンタジーだけど、一方複雑な家庭事情も絡んでる。両親の離別、子供たちとのすれ違い…。だから、最後のお母さんのセリフは感動だった。

終わったあと、草花の間に妖精を探してみたくなる、ちょっぴり信じてみたくなる…そんな映画です。
サ行 comments(0) trackbacks(0)
シークレット・ウインドウ
評価:
ジョニー・デップ,ジョン・タトゥーロ,マリア・ベロ,ティモシー・ハットン,デビッド・コープ,スティーヴン・キング
湖畔に建つ別荘で新作小説を創作中のベストセラー作家モート・レイニー。だが彼は、妻エイミーとの離婚調停に身を削られて執筆活動も行き詰まり、スランプに陥っていた。
そんなある日、モートのもとにジョン・シューターと名乗る正体不明の男が訪ねてくる。そしてシューターは唐突に、モートが自分の小説を盗作した、と言い放つのだった。最初は全く取り合わないモート。しかし、シューターが置いていった彼の原稿の内容は、モートの著書"秘密の窓"と瓜二つだった。以来、モートはシューターから執拗に付きまとわれ始めるのだが…。


これ…実は、オチ知ってました(笑)
オチ知ってて観ると、もうラストの驚きも何もないよねー。ある程度のハラハラ感や不気味さはあったんだけど、やっぱオチがわかってるとさ…(笑)
なら観るなって話なんだけど、ジョニーが出てるし、ずっと前から観たかったのに、なぜかオチだけ知って映画自体は観れてなかったの。だから一応(笑)

シューターはほんとに怖い男だった。人の話を聞かず、平気で犯罪を起こす。ヤツの車が停めてあるのを見るだけで、恐怖で息が詰まりそうになるのがわかる。
ジョニーは、怯えながらも反抗する小説家モートそのものだった。なんであんなに役になりきれるんだろ?ようやくオチが判明するシーンからは、もうなにか憑依してるんじゃないかってくらいの迫真の演技。さすが。

何も知らないで観れば、フツーに面白いサスペンスです(笑)
サ行 comments(0) trackbacks(0)
ショコラ
評価:
ジュリエット・ビノシュ,ジョニー・デップ,ジュディ・デンチ,キャリー=アン・モス,ラッセ・ハルストレム,ジョアン・ハリス
古くからの伝統が根付くフランスの小さな村に、ある日謎めいた母娘がやってきてチョコレート・ショップを開店する。厳格なこの村に似つかわしくないチョコだったが、母ヴィアンヌの客の好みにあったチョコを見分ける魔法のような力で、村人たちはチョコの虜になってしまう。やがて村の雰囲気も明るく開放的なものになっていくのだが…。
"甘い"のひとことで片付けるにはあまりに奥深いテーマ――人間にとって宗教とは、癒しとは何か――が語られる。


とりあえずね、観たらチョコレートが食べたくなる!出てくるチョコがみんなちっちゃくてかわいくて美味しそうで…(笑)ヴィアンヌの雰囲気にすごく合うんだ、これがまた。チョコレートには解明できないような魅力がある。

それにジョニーも素敵な役で出ていらっしゃって…こっれがまたカッコいいんだよね!!!こんなイケメンがいていいのか!?ギターなんか弾いちゃっていいんですか!!??(うるさい)いやぁもうやられっぱなし。スリーピーホロウとは別人だよ。さりげなーい役で、後半ちょっとしか出てこないのに、さすがのジョニーの存在感。誰よりも強い印象を残していった。
主人公のジュリエット・ビノシュもすごい綺麗でかわいかった!キッパリした強さをもっていて、ちょっぴり不思議なヴィアンヌにぴったり。他の役者さんもよかったな。

あったかくて幸せで、チョコレートもたくさんのメルヘンチックなヒューマンドラマ。
文句なしに面白かったです!
サ行 comments(0) trackbacks(0)
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Categories
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Sponsored Links