気ままな映画レビューブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
アイ・アム・レジェンド
2012年、ニューヨーク。科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)は3年前に起こった地球規模の災厄をくぐり抜け、この街で、おそらくは全世界で、ただひとり生き残った男。彼は、相棒のシェパード、サムと無人の店舗で食料品や日用品を調達し、セントラルパークに畑を作って生き延びる日々。
そして、自分以外の生存者を探して、毎日無線で呼びかけるものの、未だ生存者を見つけ出すことが出来ずにいた。それでも、人類を絶滅させた原因を取り除き、再生の道を探るため、たったひとりで奔走するロバートだったが…。


飛行機で見つけて、喜んで観たはいいけど…なんか、すごい期待ハズレだった。
犬のサムの演技も、もちろんウィル・スミスの演技もいいんだけど、問題は脚本!ストーリー!オチ!CMでここまで惹きつけておいて そのオチ!?って思った(笑)あまりに短絡的で、よくありそうな話、ぶっちゃけ。せっかくの面白そうな設定がもったいない。

だからあんまり書きたいと思うようなこともないんだけどさー…まぁ、それなりに怖かったし、スリルやハラハラ感はあったよ。感染者怖すぎ!心臓がひっくり返りそうになったよ。(どんなんだ)あと、サムの最後のシーンは悲しかった。ロバートの家族との別れシーンも泣けた。でも…でも、あぁ〜…(笑)

人によりけりだけど、私はそんなに面白いと思えない映画だったな。唯一、題名の意味がよーくわかって スッキリしたからよかった(笑)
ア行 comments(0) trackbacks(0)
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
★★★☆☆
ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、ケイト・ブランシェット、カレン・アレン、ジョン・ハート、レイ・ウィンストン

1957年。相棒マックに裏切られ、スパルコ率いるソ連工作員の魔手から危うく逃れたインディ。大学も強制休職となり街を出ようとしていた彼に、マットという若者が声をかけてきた。いわく「伝説の古代秘法"クリスタル・スカル"を手に入れられる」という。
その言葉を信じ、インディはマットと共にペルーへと向かう。そこでようやくクリスタル・スカルを手に入れるものの、待ち構えていたスパルコたちに捕らえられてしまい……。


これが初めて観るインディ・ジョーンズなんだけど、そんなのはほとんど気になりませんでした。ちょっと前のを観てみたくなったりしたけど。
んー、実は観てる間ものすごい眠くてですね、最後のほうとか一瞬寝てたと思うんで、申し訳ないことに、少しすっとばして観てる部分があるかもしれません(笑)

基本的には、謎解きとアクションの連続にハラハラドキドキして楽しめました!ハリソンも若くないのに体張って頑張ってたし(笑)そこに若者としてマットが入ることで、新鮮味が増すのかなーと思いましたね。彼についてはまぁ、お約束の展開ってヤツでした(笑)いいんだけどさーおもしろいし!

それにしても、ケイト・ブランシェットの演技はすごかった!あの特徴的な髪型(すっごく似合ってた!)やロシア訛りの英語のせいで、一瞬見ただけじゃ誰かわからないくらいの変貌ぶり。さすがの一言でございます。
あのしゃべりかた、なんかものすごい耳に残った…「ドクトル・ジョォーンズ」っていう言い方が!(笑)

でもこの映画、もともとシリーズ通して古代とか発掘とかそっち系のジャンルのはずが、どうしてか今回はまさかの方向へ進んでってしまいます(笑)えっ、そんなオチ?ってなった(笑)クリスタル・スカルはなんだかチープな雰囲気だし…!
スピルバーグもちょっと趣味に走りすぎですね!(笑)

果たしてこれに次回作はあるのでしょうか?ハリソンもそろそろいいお年だしねー。シャイア・ラブーフの今後も気になるとこです。
個人的には今作よりはナショナル・トレジャーのほうが好みでした(笑)でもまぁそのうち、過去シリーズを観ていきたいなーと思います。
ア行 comments(0) trackbacks(0)
アレックス・ライダー
評価:
ユアン・マクレガー,アレックス・ペティファー,ミッキー・ローク,ビル・ナイ,アリシア・シルヴァーストーン,ジェフリー・サックス
アレックス・ライダー(アレックス・ペティファー)は、謎の死を遂げた叔父イアン(ユアン・マクレガー)が英国諜報機関MI6の諜報員だったことを知る。幼い頃から語学や格闘技、射撃など、スパイに必要な能力を本人も気づかぬうちに教えられていたアレックスは、その能力を買われて史上最年少のMI6諜報員に。
IT事業の成功者セイルのロンドン市民700万人抹殺計画を阻止するため、危険なミッションに挑む!


これこれ、ずっと観たかったの!アレックス・ペティファー目当て(笑)
実際観てみると、期待通りのカッコよさ。ブロンド似合いすぎ!アクションカッコよすぎ!笑顔かわいすぎ!

映画的には、ありがちな感じだなぁという感じが否めず…なんとなくカメラワークも私の好みじゃなかったし。ユアン・マクレガーとか使ってる割にはー、なんて思ってしまった(笑)てか、ビル・ナイがあの役だったことに気づかなくて超ビックリ!私さ、パイレーツの彼しか知らないから(笑)なんか申し訳ないっ。まぁ、アレックス君の素敵さをプラスして★3つかな(笑)面白くないわけじゃなかったけど。

彼には今後も頑張って活躍していってほしいです。映画よりそっちの感想(笑)
ア行 comments(0) trackbacks(0)
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Categories
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Sponsored Links