気ままな映画レビューブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ラブ・アクチュアリー

評価:
ヒュー・グラント
(2004-06-23)

12月のロンドン、人々は幸せなクリスマスを迎えようと、ささやかな夢を胸に毎日を過ごしていた。秘書に恋をした英国首相、義理の息子との関係に悩む父親、ポルトガル人のメイドと恋に落ちる小説家、夫の浮気に気付き、悶々とした日々を過ごす熟年の主婦、親友の恋人に思いをよせる新進画家、新曲のクリスマスソングに起死回生を賭ける元ロックスター――。
クリスマスに人生のクライマックスを迎えることを、誰もが願っていた。そしてイブの夜、全てのドラマが、ハッピーエンドに向かって動き始めた。様々な人々の「愛」についての物語。


ずっと観たかった作品でしたが、かなりのヒットです。
これは一応オムニバス作品なので、はじめはたくさんの話に頭がついていけず混乱してましたが、あっという間に迎えたラストでは感動して涙を流す自分がいました。幸せな涙です、笑いながら泣くってこういうことだと思います。

ひとりひとり、それぞれが持つストーリー。「愛」でいっぱいの物語たち。それは必ずしも恋愛というわけではなく(そこがいいところでもあります)、友情だったり、初恋だったり、はたまたどれにもあてはまらないような不思議なものだったり、本当に様々なかたちの「愛」で彩られているんです。

"Love actually is all around"

冒頭でヒューに語られるこの台詞。これをそのまま体現…ん?表現?(笑)したような映画だと思います。


↓追記、ネタバレ

続きを読む >>
ラ行 comments(0) trackbacks(0)
レジェンド・オブ・ゾロ
カリフォルニアがアメリカ合衆国への仲間入りをしようとしていた1850年。民衆の自由獲得を機に引退し、家族を愛する男=アレハンドロに戻ることを決意した正義の男・ゾロ(アントニオ・バンデラス)の前に現れたのは、アメリカ滅亡を企む秘密結社だった。
そのリーダー・アルマン伯爵(ルーファス・シーウェル)は邸宅に"秘密兵器"を集積し、作戦を決行する機会を窺っていた。やがてアルマンの陰謀に気付いたゾロだったが…。


アントニオ・バンデラスかっこいいーっ!!!ちょっと!ゾロかっこよすぎるんじゃないの?(笑)個人的に髪型がツボ!(そこ?)声がいいよねっ、声。もちろん、敵と戦うときのゾロもかっこよかった!ま、守ってほし(ry
エレナに戻ってきてほしくてウロチョロしてるときのゾロ、かわいすぎ!かっこいい人がかわいいことしてんのに弱いのです。あー素敵!最近かっこいい人が多すぎて困ってしまうぜ(笑)

キャサリン・ゼタ=ジョーンズは綺麗すぎっ!前回観たのが「幸せのレシピ」だったから、イメージ変わりすぎて一瞬マジで誰かわからんかった(笑)やっぱり美人は美人なのね…!ほんっと美しかったわー(笑)奥さん強すぎだけどね。パイレーツのリジー並みだよ(笑)
ゾロの息子ホアキン君もかわいかった!いい目をしとる(笑)

はー、ラテンはいいね、音楽も雰囲気も。
これぞまさに娯楽映画。安心して観れる!こないだそういうのを求めてマトリックスを借りちゃったからなー、あれは全然頭が休まらないよ(笑)ゾロは素直に楽しめた。大半がコメディタッチだったんだけど、そこがまた面白くって!
でもそれだけじゃなく、ゾロの家族に対する愛情とか、そういう心の葛藤もきちんと描かれてて、ただのヒーローじゃない 人間味があるゾロにすごく共感が持てたし、感動した。
なんも考えないで楽しい気分になりたいとき、オススメです(笑)
ラ行 comments(0) trackbacks(0)
レミーのおいしいレストラン
評価:
ルー・ロマーノ,ブラッド・バード,パットン・オズワルト,イアン・ホルム,ブライアン・デネヒー,ピーター・ソーン
天才的な料理の才能を持ち、いつか一流レストランのシェフになるという叶わぬ夢を持つドブネズミのレミー。ある日、彼は嵐で家族とはぐれてしまい、パリのとある一軒のレストランに辿り着く。なんとそこは、レミーが尊敬する今は亡き名シェフ、グストーの店だった。
一方その厨房内では、見習いシェフのリングイニがスープを台無しにする失態を演じてしまう。すると、レミーはこっそりとそのスープを作り直し、最高の味に仕上げるのだった。それを目撃していたリングイニは、自分に料理の才能がないことからレミーの力を借りることを提案。こうして彼らは秘かにコンビを組み、パリ一番のシェフを目指すことになるのだが…。


レミーがかわいい!(笑)ミッキーならぬディズニーアニメ界の新しいネズミ、レミー。とっても魅力的なネズミのシェフ。レミーの生き生きとした動き、表情、質感、どれも最高によくできてた。他のネズミたちも1匹ずつ個性的で、みんなすごく愛嬌がある。さすがピクサーはすごい!

ストーリーも王道でわかりやすい。でも、そこに細かく色んなエッセンスが加えてあるのが面白さを増してるんだよね。
レミーが料理を作るときのカメラワークがすごい躍動的?っていうか、軽快で勢いがあって、テンポがいい。音楽がピッタリで、それもまたよし。リングイニの操作の仕方に「んなアホな!」と思いながらも、やっぱり面白い(笑)
ネズミが厨房にいるって考えるとおぞましい、って意見も見るけど、私は全然気にならなかったなー。アニメなんだし、そこらへん割り切って観ないとどうしようもないよね。

面白い、かわいいだけじゃなく、思わずホロリとしちゃうようなシーンもある、そんなアニメでした。癒されます(笑)
ラ行 comments(0) trackbacks(0)
リバティーン
評価:
ジョニー・デップ,サマンサ・モートン,ジョン・マルコヴィッチ,ロザムンド・パイク,トム・ホランダー,ローレンス・ダンモア,スティーヴン・ジェフリーズ,Paul Ritter,Francesca Annis
1660年代、王政復古のイギリス。国王チャールズ二世の恩赦を受け、3ヶ月の追放からロンドンへ戻ったジョン・ウィルモットは、芝居小屋で大根役者と呼ばれているエリザベス・バリーの隠れた才能に気づき、「ロンドン一の女優にしよう」と申し出る。一対一の舞台稽古が始まり、2人はぶつかり会いながらいつしか惹かれあうようになる。
やがて感情のこもったバリーの演技が高く評価され、2人は愛を確かめ合う。一方、ジョンの才能を高く評価していた国王は、フランス大使を招く歓迎式典で、ジョンの戯曲上演を計画するが、彼の怠け癖を知る国王は、バリーにジョンの監視を命じる。
式典当日、ジョンは国王を侮辱し、政府をこき下ろす内容の劇を上演し、途中で中止に追い込まれる。
バリーの裏切りを知ったジョンは姿をくらまし、数ヶ月後、名前を変え変わり果てた姿で現れる…。


最近ジョニー出演作を立て続けに観てるけれど、この映画はすごい。何がすごいって、ジョニー・デップの美しさ、役者としての素晴らしさ。好色な天才詩人ロチェスター伯爵の「生き様」を、ここまで全身全霊で表現できるなんて…。彼じゃなければできない役。ジョニーの色気やその魅力に吸い込まれそうだった…。

まぁ、私にはちょっと難しい内容だったかな。
でも、冒頭でジョニーが観客に向かって「諸君は私を好きになるまい」と話しかけるシーン、そこからすでに「ロチェスター伯爵」に引き込まれている自分がいて、最後にもう一度同じものが繰り返されたとき、悲しくて、やりきれなくて、でもすごく美しいと思った。脆くてはかない彼の瞳があまりに印象的で、その余韻だけで素晴らしさを感じられる作品。
決して面白いような話じゃないけど、まさしくジョニーらしい映画だな、と感じた。

うーん、でも明るい映画が観たくなったかも(笑)
ラ行 comments(0) trackbacks(0)
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Categories
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Sponsored Links