気ままな映画レビューブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
シンドラーのリスト
ナチによるユダヤ虐殺をまのあたりにしたドイツ人実業家オスカー・シンドラーは、秘かにユダヤ人の救済を決心する。彼は労働力の確保という名目で、多くのユダヤ人を安全な収容所に移動させていくのだが……。
スピルバーグが長年あたためていたT・キニーリーの原作を遂に映画化。念願のアカデミー賞(作品・監督・脚色・撮影・編集・美術・作曲)に輝いた作品。


ようやく観ることができました。シンドラーのリスト。
DVDを手に取ったとき、その長さに驚きました…3時間を超える長編。しかもモノクロ。私は今までモノクロ映画を観たことがなかったので、ちょっと不安を抱いてもいたんですが、そんな心配はまったく必要なかったということがすぐにわかりました。
モノクロにしたことで、過去らしさを出すというだけでなく、あたかも自分がそこにいてこの惨劇を見ているかのような気分になります。暗くて、常にどす黒い煙が立ち込めていて、そこら中に死体が転がっていて…、そんな情景です。絶望と混乱、死しか存在しないような…。
映画の中にものすごく入り込めるので、時間が過ぎるのもあっという間でした。

私はこのホロコーストについて、せいぜい「アンネの日記」で知った程度の知識しかありませんでした(「ライフ・イズ・ビューティフル」は観ましたが、あれはまた違った見方をする作品だと私は思っているので)。たまに学校や本やテレビなどで話を聞いたりするときも、それで知っているつもりになっていたんです。でも、この映画を観て、私のその浅い考えは間違っているということに気がつかされました。
ナチスによるホロコーストが、こんなにもひどい出来事だったなんて。
この映画はどこまでもリアルにすべてを描写しています。まるで楽しむかのようにユダヤ人を射殺していくドイツ人たち…あっけなく命が消えていきます。その虐殺の様子が、悲しげな音楽とともに、ひたすら淡々と描かれていくのです。どうしてこんな簡単に人を殺せるんだ、殺す必要なんてないのに。彼らは何も悪くないし、何もしていないのに。なんで?どうして?…ショックでした。ただ、ショックでした。悲しくて、かわいそうで、胸がギリギリと痛みました。

戦争のことを知らない人に観てほしい作品です。過去のことだから、今さら何を言っても考えても仕方ないかもしれませんが、私たちには、これを観て過去を知り、感じ、きちんと考えを持つ責任があると思います。
観終わったあとは本当に重苦しくて、決して後味のよい作品ではないですが、私は観てよかったと思うし、もっと早くに観ておけばよかったとも思いました。人生観が変わった気すらします。

この偉大なオスカー・シンドラーという人物を見事に演じてみせたリーアムさん…本当に素晴らしい俳優さんですね。改めてそう感じました。


↓追記、ネタバレ
続きを読む >>
サ行 comments(3) trackbacks(0)
ラブ・アクチュアリー

評価:
ヒュー・グラント
(2004-06-23)

12月のロンドン、人々は幸せなクリスマスを迎えようと、ささやかな夢を胸に毎日を過ごしていた。秘書に恋をした英国首相、義理の息子との関係に悩む父親、ポルトガル人のメイドと恋に落ちる小説家、夫の浮気に気付き、悶々とした日々を過ごす熟年の主婦、親友の恋人に思いをよせる新進画家、新曲のクリスマスソングに起死回生を賭ける元ロックスター――。
クリスマスに人生のクライマックスを迎えることを、誰もが願っていた。そしてイブの夜、全てのドラマが、ハッピーエンドに向かって動き始めた。様々な人々の「愛」についての物語。


ずっと観たかった作品でしたが、かなりのヒットです。
これは一応オムニバス作品なので、はじめはたくさんの話に頭がついていけず混乱してましたが、あっという間に迎えたラストでは感動して涙を流す自分がいました。幸せな涙です、笑いながら泣くってこういうことだと思います。

ひとりひとり、それぞれが持つストーリー。「愛」でいっぱいの物語たち。それは必ずしも恋愛というわけではなく(そこがいいところでもあります)、友情だったり、初恋だったり、はたまたどれにもあてはまらないような不思議なものだったり、本当に様々なかたちの「愛」で彩られているんです。

"Love actually is all around"

冒頭でヒューに語られるこの台詞。これをそのまま体現…ん?表現?(笑)したような映画だと思います。


↓追記、ネタバレ

続きを読む >>
ラ行 comments(0) trackbacks(0)
ジャンパー
母が家を出て、父親と2人暮らしの少年デヴィッド(ヘイデン・クリステンセン)は、ある日、自分が空間をジャンプするテレポート能力を持つ"ジャンパー"であることを知る。その能力を活かし、世界中を飛び回って気ままな生活を送っていたデヴィッドだったが、やがてジャンパー抹殺を使命とする組織パラディンにマークされるようになり、また、彼と同じ能力を持つ青年と出会う。


ヘイデン・クリステンセンはスター・ウォーズでしか観たことなかったから、なんかちょっと新鮮。でも、役柄的にはおんなじ感じなのかな?自分に与えられた力をよくない方向に利用したり、それに絡んだ様々な葛藤があったり。そういう演技がすごい上手い人だなーと思う。
個人的に、スター・ウォーズのメイス・ウィンドウ役が敵で、それにアナキン役のヘイデンが立ち向かうっていうのがウケた(笑)ジェダイ同士で争いですか?(笑)まぁ観てれば関係ないけどね。
ジェイミー・ベルってどっかで聞いたことあるような気がするんだけど、グリフィンかっこよかったなー。中途半端に終わっちゃったのがもったいない…。

あとレイチェルがやっばいかわいい!OCのサマーもめちゃかわいいけど、大人っぽくなった彼女…あのかわいさは…(笑)ヘイデンと付き合ってるんだよ、ね?
子役の子もかっわいかったなー。あれ、テラビシア〜とかチョコレート工場に出てた子なんだってね!かわいすぎて気がつかなかった!(笑)

さて、肝心のストーリーですが。
ジャンパー、いいね!私もジャンプしてみたい。便利!ジャンプするときの映像がすごいリアルでよかった。CG技術を駆使してるよね。
ジャンプを利用したアクションも、世界各国を飛び回りながらってのはなかなかないし、大迫力!東京でロケがあったなんて聞いてないよ、でもすごく近くをヘイデンたちが歩いてたんだと思うと嬉しい(笑)そんなわけで、アクションはよかったです。

ストーリー的にはなんかちょっと勢い任せ感は否めないかなー、でも面白かったよ!
一応三部作らしいので、続編に期待することにします!!
サ行 comments(0) trackbacks(0)
魔法にかけられて
アンダレーシアで動物たちと暮らす美しい姫、ジゼルは、運命の人と出会い、結婚する事を夢見ていた。ある日、怪物に襲われたジゼルは、エドワード王子に助けられる。お互い一目惚れし、出会ったばかりにも関わらず、完璧なデュエットを披露し、翌日結婚する約束をする。しかし、王子の結婚を喜ばない継母のナレッサ女王は、魔女を送り込み、ジゼルを井戸に突き落とす。なんと、その井戸は、現代のニューヨークに繋がっていた!


ジゼルは歌がうまいだけじゃなく、めちゃくちゃかわいいし(まさか33歳だなんて…!)、王子はバカだけど、期待通りカッコよすぎるし、リスのピップは愛らしすぎる!!ロバートもまさしく現実主義の弁護士って感じで、でもたまに見せる優しい微笑みにかなりズキューン(笑)

まぁ、ディズニーだからこそ許せる展開は多々あれど(笑)、そんなとこがまた面白くってね!あちこちにディズニー要素が散りばめられてて、それを見つけるだけでもなんか楽しかったり★
アニメから突然ニューヨークに世界が切り替わるところがすごいリアル!スクリーンサイズからワイドになって、音声も騒々しくなって…ジゼルのオーバーリアクションな様子がすっごい笑える!
会場中が爆笑の嵐に包まれたことも(笑)大勢の人が一斉に息呑んだりするとああなるのか…一体感を感じられるのが映画館のいいところよね!そこからはほんとに面白くて、あれよあれよという間に終わっちゃった。

歌がすごーくよかった!アカデミー賞のときに3曲は聞いてたんだけど、やっぱ映画の中でストーリーに沿って見ると全然違う。ディズニーらしいメロディがいつまでも耳に残ります!

笑いたいとき、ときめきたいとき、恋したいとき、そんなときにピッタリの映画。
マ行 comments(0) trackbacks(0)
ノーカントリー
メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)は、大量のヘロインと現金200万ドルが残されているのを見つける。危険を承知で大金を奪ったモスに、すぐさま追っ手がかかる。
必死の逃亡を図るモスを確実に追い詰めて行くのは非情の殺し屋アントン・シガー(ハビエル・バルデム)。そしてもう一人、厄介な事件に巻き込まれたモスを救うべく老保安官エド・トム・ベル(トミー・リー・ジョーンズ)が追跡を始めるのだった。


こっれはねぇ〜…、私の軟弱な頭じゃ 理解するのには難しすぎたようです。
なんといってもアカデミーだし、気になってたし…せっかくだから、日本語吹き替えでも我慢して観てみたわけですよ。でも、終わったときは口ポカーンで(笑)結局何が言いたかったのかわかんなかった。自分の読解力のなさに、改めて悲しさを覚えてみたり…。

まぁひとつ思ったことは、やっぱりハビエル・バルデムの迫真の演技のすごさ。
あの恐ろしいまでの無表情さ、予測不可能な思考回路、人を殺すことになんの抵抗も持たない冷酷さ…。エアボンベ(?)という一風変わった武器での殺人が、彼の謎めいた恐ろしさをよりいっそう増す。彼の演技は、彼自身がそれらの全て、殺し屋シガーの全てを物語っていた。
開けられた鍵穴、撃ち抜かれた額、ボンベを引きずる音。彼はそれだけでもその存在感を充分すぎるほど漂わせ、無音の中で恐怖を煽り、観ているこっちまで息をひそめてしまう。コイツ、人間じゃない、と思わずにはいられなかった。

モスとシガー、保安官の追いかけごっこ。次々と行われていく殺人。しょっちゅう現れる、意味深で比喩的なセリフ。
私にはそれらが何を言いたくて映されているのか、全くもってわからなかった…それが残念でしょうがないのだけれども。多分、何回観たって理解できない。それくらい深ーーい映画。そして、暗くて 闇に蝕まれている映画。ひとつひとつの出来事に意味があって、だからこそアカデミー賞を受賞したんだろうね。

つーかR15だなんて知らないで観たから、結構グロいシーンがあってビビったよ…(苦笑)
とにかく、観たあとはどん底な気分になること請け合いです(笑)
ナ行 comments(0) trackbacks(0)
ビー・ムービー
大学を卒業したばかりの若きミツバチ、バリー。でも、社会に出たバリーはハチの世界では決められた仕事しか出来ないと知ってがっかり。外の世界を見たいバリーは生まれて初めて巣の外に。ニューヨークの街に冒険に出かけたバリーは人間に踏み潰されそうになるが、花屋を経営するヴァネッサに助けられる。「人間と話してはならない」というハチの世界の掟を破り、バリーはヴァネッサと友達になるが…。


これ、ちょっと観たかったんだよね!
めちゃくちゃ面白かった。アニメなら日本語吹き替えでもいけるし!むしろ分かりやすくてよかったかも。
ハチの日常がすごい面白おかしく描かれてて、変なところで納得しちゃったり。主人公のバリーがまずいい!ちょっとドジだけど意志をしっかり持ってて、正義感のあるハチ。友達のハチもいい味出してる。

一生懸命小さな体で、ハチの苦労や ハチミツの大切さを人間たちに伝えるバリー。その姿には胸打たれるけど、裁判のシーンはマジで笑わせてもらいました(笑)私もハチとしゃべってみたい!(笑)

90分と短い時間だけど、ホントに面白いアニメだった。笑いたいとき、明るくなりたいときにはぜひ!(笑)
ハ行 comments(0) trackbacks(0)
ドリームガールズ
1962年、デトロイトでスターを夢見る3人の少女、エフィー、ローレル、ディーナはドリーメッツという名でオーディションに出場する。彼女たちに目をつけたのは中古車販売の経営者カーティス。ショービス界へ入り込みたい彼は、全財産を使って、ドリーメッツを売ることに全力を注ぎ、彼女たちはデトロイトで大人気のジミー・アーリーのコーラスガールになる。
彼らは全米で大成功をおさめ、そしてコーラスガールは独立。"ザ・ドリームス"としてデビューすることに。しかし、カーティスは彼女たちに告げる。リードボーカルは圧倒的な歌唱力を誇るエフィーではなく、美人のディーナだと。エフィーは渋々受け入れるが…。


この時代の音楽、大好き!黒人の人たちの歌唱力は、他の誰とも比べようがないくらい素晴らしい。なんであんな歌い方ができるんだろう?エフィー役のジェニファー・ハドソンの歌声には圧倒された。感動モノだ。
世の中にあるのは、きらびやかな表舞台だけじゃない。悔しくて、努力して、慰めあって、くじけそうになって、でも自分を信じて成功した彼女たちの輝き。4人とも同じ。その姿に胸を打たれ、歌声に泣かされる。ミュージカルってやっぱり最高!
ビヨンセの歌って全然聴いたことなかったんだけど、初めてこれを観て知った。美人だし、なによりも歌がめちゃくちゃ上手い。ちょっと興味もったかも。

ノリノリのディスコナンバー、しっとり聴かせるバラード、どれもこれも満足いくものばかり!サントラ欲しいな、これ。
極上のエンターテイメント!
タ行 comments(0) trackbacks(0)
トランスフォーマー
イラクで正体不明のヘリコプターが突然巨大ロボットに変身。米軍基地に攻撃を開始するという事件が起きた。米軍の総攻撃も全く歯がたたず、基地は壊滅をしてしまう。
一方、アメリカでは高校生サム(シャイア・ラブーフ)が初めて自分の車を持つことに。中古でカマロをゲットした彼だが、その愛車カマロがある夜に暴走を。車泥棒に盗まれたと思い、あわててその後を追うサム。だが、サムが見たのはカマロが変形(=トランスフォーム)してロボットになる様子だった!その後、サムはロボットに変形したパトカーに襲われて…。


現代のCG技術って すごいんですね。(誰)(何をいまさら)

いや、ほんとに!すっごい迫力、これは映画館で観るべきだった。よくこんな合成できんなーとか、ロボット組み立てシーンのラフ難しすぎだろ、とか思ってしまう(笑)さすがはスピルバーグ!(監督はマイケル・ベイでござんす)
主人公のサムがまたいい味出してて、いかにも普通の少年って感じがよかった。ヒロインのミカエラもね!そしてロボットたち。なんだっけ、名前忘れちゃったけど、サムを守る黄色いロボットがかわいくて!(笑)ロボットにかわいいとか可哀相とか感じるなんて思わなかったなー(笑)

これさ、一回前アニメバージョン観たことあるんだけど、やっぱ実写だと全然違う。実際そこにいるような気分になったもん!ついでにいうと、車見るだけでトランスフォーマーするんじゃないかって思うようになった(笑)
ストーリーは…まぁ、ちょっとよくわかんねーなぁとか思いながら観てたけど(オイ)、それなりに面白かったし。アクション多すぎてだんだん混乱してきたんだよね、私(笑)

あぁぁーマジこれ映画館で観たかったなぁ(笑)
タ行 comments(0) trackbacks(0)
レジェンド・オブ・ゾロ
カリフォルニアがアメリカ合衆国への仲間入りをしようとしていた1850年。民衆の自由獲得を機に引退し、家族を愛する男=アレハンドロに戻ることを決意した正義の男・ゾロ(アントニオ・バンデラス)の前に現れたのは、アメリカ滅亡を企む秘密結社だった。
そのリーダー・アルマン伯爵(ルーファス・シーウェル)は邸宅に"秘密兵器"を集積し、作戦を決行する機会を窺っていた。やがてアルマンの陰謀に気付いたゾロだったが…。


アントニオ・バンデラスかっこいいーっ!!!ちょっと!ゾロかっこよすぎるんじゃないの?(笑)個人的に髪型がツボ!(そこ?)声がいいよねっ、声。もちろん、敵と戦うときのゾロもかっこよかった!ま、守ってほし(ry
エレナに戻ってきてほしくてウロチョロしてるときのゾロ、かわいすぎ!かっこいい人がかわいいことしてんのに弱いのです。あー素敵!最近かっこいい人が多すぎて困ってしまうぜ(笑)

キャサリン・ゼタ=ジョーンズは綺麗すぎっ!前回観たのが「幸せのレシピ」だったから、イメージ変わりすぎて一瞬マジで誰かわからんかった(笑)やっぱり美人は美人なのね…!ほんっと美しかったわー(笑)奥さん強すぎだけどね。パイレーツのリジー並みだよ(笑)
ゾロの息子ホアキン君もかわいかった!いい目をしとる(笑)

はー、ラテンはいいね、音楽も雰囲気も。
これぞまさに娯楽映画。安心して観れる!こないだそういうのを求めてマトリックスを借りちゃったからなー、あれは全然頭が休まらないよ(笑)ゾロは素直に楽しめた。大半がコメディタッチだったんだけど、そこがまた面白くって!
でもそれだけじゃなく、ゾロの家族に対する愛情とか、そういう心の葛藤もきちんと描かれてて、ただのヒーローじゃない 人間味があるゾロにすごく共感が持てたし、感動した。
なんも考えないで楽しい気分になりたいとき、オススメです(笑)
ラ行 comments(0) trackbacks(0)
アイ・アム・レジェンド
2012年、ニューヨーク。科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)は3年前に起こった地球規模の災厄をくぐり抜け、この街で、おそらくは全世界で、ただひとり生き残った男。彼は、相棒のシェパード、サムと無人の店舗で食料品や日用品を調達し、セントラルパークに畑を作って生き延びる日々。
そして、自分以外の生存者を探して、毎日無線で呼びかけるものの、未だ生存者を見つけ出すことが出来ずにいた。それでも、人類を絶滅させた原因を取り除き、再生の道を探るため、たったひとりで奔走するロバートだったが…。


飛行機で見つけて、喜んで観たはいいけど…なんか、すごい期待ハズレだった。
犬のサムの演技も、もちろんウィル・スミスの演技もいいんだけど、問題は脚本!ストーリー!オチ!CMでここまで惹きつけておいて そのオチ!?って思った(笑)あまりに短絡的で、よくありそうな話、ぶっちゃけ。せっかくの面白そうな設定がもったいない。

だからあんまり書きたいと思うようなこともないんだけどさー…まぁ、それなりに怖かったし、スリルやハラハラ感はあったよ。感染者怖すぎ!心臓がひっくり返りそうになったよ。(どんなんだ)あと、サムの最後のシーンは悲しかった。ロバートの家族との別れシーンも泣けた。でも…でも、あぁ〜…(笑)

人によりけりだけど、私はそんなに面白いと思えない映画だったな。唯一、題名の意味がよーくわかって スッキリしたからよかった(笑)
ア行 comments(0) trackbacks(0)
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Categories
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Sponsored Links